車買取のお店による営業電話で買取額アップを試みる

車買取では、しばしば電話が敬遠されているようです。
一括査定などを利用している方々の場合、その電話で閉口している事もあるようですね。それは依頼直後の電話の殺到もそうですが、査定が終わった後の電話に閉口しているパターンがあるようです。

 

査定終了後のしつこい電話

 

複数の業者による査定が終了すると、一旦は業者のスタッフは会社に戻ります。しかしそれで終わりではなく、また依頼主に対して電話をする事があるのです。つまり「先日査定を行ったあの車ですが、その後いかがでしょうか」等と営業を行う訳ですね。
その営業電話は、ちょっとしつこいと考えている方々は案外多いそうです。余りにもしつこいので、「すでに別の会社に売りました」等と断っている方もいらっしゃる位です。それがトラウマになってしまっている方もいらっしゃるそうなので、なかなか大変ですね。

 

営業電話を上手く使って高額売却

 

しかし、それも考え方次第だと思います。わざわざ業者が電話を賭けてきている以上、それは「何が何でも車を買いたい」意思の表れではないでしょうか。そもそも車を買いたいと思わなければ、電話をかけるような事も無いでしょう。それでも敢えて電話をしている訳ですから、金額アップが見込める可能性がありますね。
ですので一括査定が終わった後に業者から電話がかかってきたら、「もっと金額は上がらないか」等と持ちかけてみるのも一法だと思います。恐らく電話を賭けている業者としても、それを想定しているでしょう。
まして一括査定サイトの場合、他社との競合が前提になっています。買取業者はライバルに負けたくないと思っている事が多いので、やはり言い方次第では金額アップが発生する可能性はあると思います。
しつこい営業電話も、「活用法次第では高額売却のきっかけになる」と個人的には考えます。


このページの先頭へ戻る