査定バンクにて車が高く売れやすい理由と課金

一括で複数の業者に査定を依頼できるサイトの1つに、査定バンクがあります。あのサイトの場合は、実は高額査定が発生しやすい仕組みになっているのです。その理由ですが、業者に対する課金のシステムですね。

 

業者が車の情報を見ての競売システム

 

まず査定バンクの仕組みなのですが、査定バンクのスタッフが売却希望者の車の状態を見ます。多くの買取業者はその車の状態のみを見る事ができるのですが、各業者はそれに対して査定額を提示する事になります。
この際、いわゆる競売システムになるのです。ネットオークションも、競売システムの1つですね。あれは多くの入札者が金額を競うことになりますが、査定バンクも業者同士が車の買取額を競うことになっているのです。まずこの時点で、高額売却が成立しやすいですね。

 

査定バンクで高額売却が成立する理由と競売の課金システム

 

そして実は査定バンクでは、その競売の為にお金を支払わなければなりません。つまり業者は競売料金は査定バンクに支払う、課金システムが存在するのです。
という事は競売を行う業者としては、やはり最初から高めな金額を提示する事になるでしょう。課金が発生するとなると、うかつに低い金額を提示する訳にもいきません。最初から低い金額を提示すると、他の業者がそれを上回る金額を提示してしまうでしょう。課金額が勿体無いので、やはり各業者としては早い段階で高めな金額を提示すると思います。
逆に車の売り手からすれば、やはり車を高く売れる可能性が高まるでしょう。各業者が「これ以上出すのは難しい」金額で競い合ってくれるので、やはり高く売れる可能性が大ですね。
また査定バンクの場合は、必要以上に多くの個人情報が流れる事もありません。個人情報が保護されるという意味でも、査定バンクはオススメです。


このページの先頭へ戻る