ミスによって車を安く売らないよう一括査定を活用

車査定では、たまにミスが発生しているようです。それで提示される金額がとても低くなってしまう場合があります。

 

査定金額のミスに関する主な事例とそのリスク

 

例えば修理歴に関するミスですね。修理が行われている車の場合は、もちろん金額は低めになります。
ところが査定士によっては、てっきり修理が行われている車だと思い込んでいる事があるのです。例えば、本来の査定額が100万円だとしましょう。ところが査定士は車に修理歴があると思い込み、80万円と伝えられる事がたまにあるのだそうです。
もしくは車の色に関する問題もあります。人気カラーの車なので100万円で買い取れる筈なのに、査定士の知識不足により80万円と提示される事もあるのだそうです。
他にも色々と事例はありますが、上記のように「本来ならばもう少し高い金額を提示すべきなのに、ミスによって低い金額を伝えてしまっている」ケースがしばしば有るようですね。ミスによって高い金額を提示してもらう分には問題ありませんが、低い金額を提示されるのは困りますね。査定スキルが不足しているスタッフに当たってしまうと、安くなってしまうリスクが発生してしまう訳です。

 

査定のミスを防止するために一括査定を活用

 

そのようなミスで安く売ってしまうのは、やはり避けたいと思うのが自然だと思います。そのためには、やはり一括査定などを利用するのが良いのではないでしょうか。
一括査定の場合は、複数の業者が車を見てくれます。その複数の業者の中の1社がたまたま上記のようなミスを犯す事があり得ますが、「全ての業者が査定ミスを犯す」事は考えづらいでしょう。つまり車の適正な金額が提示される可能性が、高まる訳ですね。

ですのでやはり一括査定を用いて車を売るのは、とても良いアイデアだと思います。


このページの先頭へ戻る