ここ最近における車買取の業界のシェア

最近の車買取の業界は、やや好調な状況のようです。特に去年の数字は、かなり良かったようですね。
中古車の業界は、ここ6年ほどちょっと低迷の状況が続いていました。あまり業績は良くなかった訳ですが、去年は大きく好転していたようですね。

 

ここ2年間はとても好調な自動車業界

 

ところでなぜ去年の中古車業界は好調だったかというと、自動車業界全般が好調だからです。
というのもここ2年間の車の業界では、新たなタイプの車の販売促進が行われているのだそうです。その販促活動が功を奏して、ここ2年間ほどで業界の規模がだんだんと大きくなってきました。
それと、去年の場合は税金の変化もありましたね。買い物をする時の税率がアップしてしまいましたが、それは新車購入にも影響を及ぼしました。アップする前に車を買おうと考える方々が増えたので、自動車業界全体としてはかなり好調だった訳です。

 

今後は車買取の業界は伸びていく

 

そして自動車業界が好調ならば、もちろん中古車業界にもその影響が及びます。その結果、多くの車の業者は中古車の買い取りを強化しようという動きになりました。ですので去年の数字は、かなり良かったと言われています。
ちなみに前述の税率の変化ですが、またもう1回上がるとの話題が浮上していますね。そうなると、中古車の販売件数も伸びる可能性があります。
またここ最近の中古車業界の傾向として、海外に進出している車買取の業者が増えてきているようです。円安になっている事もあり、海外では車が高く売れる事がしばしば有るからです。
となると、中古車の買取業界は今後は数字が伸びるのではないでしょうか。前述のように、その業界は低迷期ではあったようですね。そこから徐々に復活してきているので、今後どうなっていくか期待が寄せられている状況だそうです。


このページの先頭へ戻る