自己資本比率が高い車買取関連の主な業者

企業の健全性を示す指標の1つに、自己資本比率というものがあります。その名称の通り、全資産に対する自社での資金の割合を示します。その数字が大きければ、いわゆる負債が少なめな会社という事になります。車買取の業者にも、その自己資本比率があるのですね。一般的には40%を超えていれば、健全な経営をしている会社と言われています。

 

ケーユーとカーチスの自己資本比率

 

 

では具体的にはどの業者の自己資本比率が高いかというと、例えばケーユーという会社です。主に輸入車の展示などを行っている業者なのですが、現時点での自己資本比率は76%前後という状況です。一般的には40%を超えている企業ならば健全度が高いと言われていますので、かなり健全な経営をしている買取業者かと思います。資金体力が多く見込める訳ですから、その業者による車の買取金額も期待できるでしょう。
それとカーチスという会社も、その比率がかなり高いです。現時点では78%という状況ですね。あの業者の場合は顧客満足度が非常に高いです。しばしば高額売却が成立している業者ですし、それも78%の一因なのかもしれません。

 

自己資本比率が最も高いUSS社

では車買取に関わる業者の中で一番比率が高い所はどこかと言うと、USS社です。この会社は、車買取のお店とは非常に大きな関係があります。買取店は来店客の車を中古車として販売していますが、しばしばUSS社のオークションのシステムを用いているのですね。
車の売り手としては、USS社とは主にオークションの代行業者を通じて関わる事が多いでしょう。しばしばUSS社のオークションで、高額売却も成立しているようですね。
そしてUSS社の自己資本比率は、80パーセントという状況です。かなり健全な経営をしている会社と言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る